延村八重オフィシャルブログ
2020.08.23 | 顔ヨガ

顔ヨガで目が大きく!時短メイク!まつエク要らず!

 

こんにちは。

顔ヨガ講師・ピラティスインストラクターの延村 八重です。

 

ピラティスレッスンの帰り際、クライアント様から嬉しい報告をいただきました。

『顔ヨガで目が大きくなったから、まつエクなくても良いかな、と思えるようになりました』

 

その報告だけでも嬉しかったのですが、今度は夕方にBefore Afterの写真を

コラージュして送ってくださったのです。

写真は2019年10月と2020年8月の変化です。

 

顔ヨガを本格的に始めてからどんどん変わっていったC様のレポートをご紹介したいと思います。

 

■元々の悩み

丸顔。

年齢なのか、太ったからなのか、写真を撮った際に若い頃より顔が大きく、

目が小さく写る。

 

■1日の顔ヨガ練習量

朝・夕、各10分程度。

 

■練習の工夫

やりたいポーズのみの練習から、先生からの指摘もあって苦手なポーズに取り組み、

目のポーズを行ったら、必ず口まわりのポーズを行う等バランスを考えています。

そして、口呼吸ではなく鼻呼吸を意識し、呼吸を止めないようにしています。

 

■自分で気づいた変化

顔のむくみ、目のまわりのむくみがとれてスッキリ!

目が大きくなりました。

まつエクを続けていましたが、たまたまサロンに行くタイミングを逃し、

全部とれてしまった時に、まつエクなしでも大丈夫かも?と思うくらいに、

以前より目がパッチリしていることに気づき、まつエクをやめることができました。

 

■人が気づいた変化や反応、言われたこと

小顔になった。

笑顔や、表情が豊かになった。

 

■心やモチベーションの変化

毎日少しずつの練習でも、こんなに変わるんだ!と表情に自信がもてるように。

写真に写るのが嫌な時期もあったけれど、今は嫌じゃなくなりました。

まつエクや化粧品を使わなくても、顔ヨガでこんなにも変わったことには本当に驚きです。

顔ヨガのおかげかどうかは分からないですが、肌も白くなった気がします。

 

■今後の目標

もう少し本格的に顔ヨガを勉強して、もっと変わりたいという気持ちとともに、

顔ヨガでこんなに変わる!と誰かのキッカケになれたら嬉しいなと思っています。

 

※効果には個人差があります

 

顔ヨガを始めると、当初気になっていたお悩みをはじめ、

『ここも!』『こっちも!』と、気になる&良くしたい箇所が増えていきます。

そうすると、今度は動かすことはもちろん、スキンケアやメイクに気を遣ったり、

食事を気にするようになったり、日常の過ごし方ひとつひとつを見直すようになって、

毎日を丁寧に過ごすことに繋がっていきます。

 

そうしてお顔が美しくなっていくことで、心が引っ張り上げられ、

内側からも輝き、日頃気がつかなかったようなことに気づいたり、

新しい出会いがあっても臆することなく飛び込んでいけるようになったり、

幸せをキャッチしやすくなるんです。

それによって大きく毎日が変わってしまうのは想像できると思います。

 

『まつげエクステ』も悪いわけではなくて、『これがないと私の顔じゃない』

そんな依存や思い込みから解放されると気分的にもすごく楽です。

魅力的な瞳に更に『まつげエクステ』という魔法のアイテムを使えたら、

そちらの方がハッピー!!

 

メイク時間は時短で!

その分『表情』を美しくするために時間を使いましょう!

その方がよほど誰かの印象に残るお顔になっていくことでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

2020.06.24 | 顔ヨガ

母の変化は私の誇り~脳腫瘍手術の後遺症が残る母の変化~

 

こんにちは

顔ヨガ講師・ピラティスインストラクターの延村 八重です

 

写真は私の母の変化です

母は今から35年前、合計28時間に及ぶ2回の脳腫瘍手術によって

後遺症が残り左顔面全体が今も麻痺しています

当時担当してくれた先生のおかげで幸運なことに著しい顔の変化も無く

普通にしていれば何も分からないまでに回復しました

しかし、脳を切るということは神経や皮膚も切断されるということ

母は様々な後遺症と向き合ってきました

 

そろそろ顔ヨガも受け入れてくれるだろうか?

私が初めて母を顔ヨガに誘ったのは昨年の夏

コロナで会えなくなってからはオンラインレッスンを続けてきました

 

10万人に1人という珍しい脳腫瘍(三半規管にピンポン玉大の良性腫瘍)

当時5歳の私が見た光景はあまりにも壮絶で

自分より2倍の背丈がある母が立っていられず斜めに傾いていく様は恐怖で

親戚の家に預けられ長い時間母と離れて過ごした時間は大変寂しいものでした

 

顔ヨガ講師となった今、そんな幼い時の思い出と

自らは多くを語らない母と向き合ってみようかと思ったのです

~母の後遺症~

①左目の複視→数か月で回復

②バランス感覚の欠如→片足立ちが苦手

③顔面左半分の痛覚無し

④左目の半開→目が開きにくく、疲れに弱い

⑤唇の左麻痺→食べたものが唇外に出てしまう

⑥左麻痺に伴う噛み合わせ不具合→痛みが無く頬を噛んでしまうため、数十年右側だけで噛んできた

 

後遺症が外からは分からなくなった現在も、母はずっと向き合い続けていた・・・

初めて知った母の中の葛藤や現在の後遺症の状況

 

左顔面真ん中は針を刺されても分からない

けれども不思議と筋肉を使う感覚は残っていて、

食事の際、左側で噛むことを一切おこなわなかったことで顔の左右差が次第に大きくなり

顎のズレや身体のバランス感覚の欠如や癖など様々な要因が重なり

顔に歪みが生じていることが分かりました

顔ヨガは医療ではないので『治る』ということは言えません

けれども実際顔ヨガで様々な症状が改善された、解消されたという報告はたくさんあります

 

私が今、顔ヨガでできるのは

『動かしてこなかった部分を動かし、筋肉の使い方を変える』ということ

 

何十年と使ってこなかった左顔面は大きな地滑りを起こした崖のようにえぐれ

その分は右側顔面に流れ、補おうとする筋肉によって引き上げられ

顎や鼻も右側に引っ張られた状態でスタート

 

触ったり、刺激してみたり、様々な方向に筋肉を動かすと素直です

最初は大変でしたが反応が早く、開かなかった左目が大きくなって

母自身がそれに気づき、顔が明るくなったと喜んでくれました

 

また、左頬が機能するようになったことで面長が強調された顔から

頬がトップが高くなり顔が立体的に

更にほうれい線の入り方(ピンクの線)をご覧頂くとだいぶ左右均等になり

ズレた顎も真っ直ぐに、口や上下の唇の形が整ってきていることが分かります

『笑うとこんなに可愛い人なんだ』

回を重ねるごとに変わっていく母を見ながら、母の生きてきた時間に寄り添い

人の顔や表情は昨日今日で作られたものではなく

長い時間をかけて少しずつ作られるものなのだと改めて母から学びました

 

母からメッセージが届きました

 

『時代の変化とともに、目や声から伝わる温もりや表情が失われた今

『顔ヨガ』が外見の自己矯正にとどまらず

相手に与える印象や心の変化に大きく寄与すると実感しました

 

自分の顔の変化とともに、癒えぬままでいた傷が癒され

女性としての優しい気持ちを取り戻すことができ、

自分を愛することの大切さに気づかされました』

 

自粛期間中、オンラインで母と繋がれたことは大きな財産となりました

母の変化は私の誇り

 

母が『顔ヨガ』を通して、消せなかった感情から解放され、

女性としての喜びを70年という長い人生の中で再び手にしてくれたのなら幸せです

 

また、顔ヨガを通してできることが

病気の後遺症に苦しんでいる方の勇気になりますように

 

顔ヨガが誰かに寄り添う『優しさ』になれば良いなと思っています

 

 

 

 

 

 

 

 

2020.05.14 | 顔ヨガ

表情美人のすすめ

こんにちは

顔ヨガ講師・ピラティスインストラクターの延村 八重です

 

『モテる顔』になりたいです

あるレッスンでそういうご要望をいただきました

『では表情美人になりましょう』

そう、このホームページの名前でもなっている『表情美人』について書きます

女性誌やインターネットでも『モテ顔』という言葉を度々見かけます

好きな人ができればその通りに真似をしてみたり

大胆にイメチェンをして好きな人の反応をドキドキしながら待ったり

誰もがそういったキラキラした時間を一度は経験したのではないでしょうか

 

大半はメイクや髪型、服装を変えたりと『雰囲気』を変えているですよね

 

若い時は男性からモテるでしょうが、歳を重ねるとそれだけでは振り向いてくれない!

書いてること全部を鵜呑みにして勘違いをすると失敗してしまいます

心当たり、ありませんか?

 

顔は存在する人の数だけあり、人の好みも様々

誰かが言う、誰かの基準に合わせる必要はまったくありません

 

では美しいパーツや肌、テクニック満載なメイクや、魅惑的なボディラインに匹敵するものはなんでしょう

 

それは『表情』です

 

表情は演出のひとつ

 

顔の中身や形を取り替えることは出来ないけれど、表情はいくらでも変えられます

それ以外は、いざという時お金をかけてプロに頼んでしまえば良いのです

そこにダイヤモンドのような笑顔と艶っぽい横顔の対比

百面相のようにクルクルと変わる微細な表情をプラスしたらどうでしょう

 

魅力的な表情はそのひと自身の『輝き』となって、誰かの心に強く残ると思うんです

 

素敵な表情は自分のためではなく

自分を見てくれる誰かのため

 

そのためにはまず、自分の顔にとことん付き合って

良いところも悪いところもまず受け入れる

 

その過程の中で自分の中の『女性性』は更に磨かれていきます

この過程が実はとても大切だと私は思っています

感情と直結する表情筋は特別な存在

顔ヨガでは毎日変化する心の状態をダイレクトに扱うからこそ真に綺麗になれる要素に溢れています

その積み重ねが、顔のパーツひとつひとつに愛情を注ぐことになって結果『美しさ』に変わっていきます

 

瞬間瞬間を彩る『表情美人』は言葉を変えれば『雰囲気美人』

五感にうったえる『表情美人』は男性だけではなく、同性からもモテます

誰もが振り返る美人より、自分に自信をもって堂々と振る舞う『表情美人』は圧倒的に魅力的

モテる女性も男性も、自分のアップデートを常におこなっています

 

是非今日から鏡を手にして顔を動かしてみてください

日常こそチャンスに溢れていることを忘れないで

 

 

1 2 3 4 5 6 7 8 10