延村八重オフィシャルブログ
顔ヨガ
2020.03.09 | 顔ヨガ

顔ヨガは逆効果!?シワにならない?

 

こんにちは

顔ヨガ講師・ピラティスインストラクターの延村 八重です

ホームページ・ブログをご覧くださりありがとうございます

 

先日、美容院でなにげなく雑誌を見ていたとき

 

『顔ヨガは逆効果!シワ・たるみの原因になる』

そんな言葉が目に飛び込んできました

 

 

レッスンを受けようかと思っている方が記事を読めば不安にもなるでしょうし

『やめておこうかな・・・』

気持ちが尻すぼみになるのは当たり前です

しかし、何も知らずにそれだけで、せっかく心に芽生えたものを摘み取られてしまったらとても残念です

 

なので、一緒に勉強していきましょう!!

 

シワもたるみも根本原因は一緒です

真皮の約70%を占めるコラーゲン(肌・軟骨をつくる繊維状のタンパク質)は、ベッドのスプリングのように構造や弾力を支えていますが

加齢によって変質・変性し、皮膚は薄くかたくなってしまいます

その状態で何年も『表情癖』を繰り返し、同じ場所に深くシワを刻んでいくことになります

 

(※画像は個人で購入・編集したものです)

 

皮膚構造が壊れ、加齢や、脂肪の重さ、重力、栄養状態など、様々な要因が重なり皮膚は垂れ下がってたるみに

 

下のイラストをご覧いただくと網目状に張り巡らされたコラーゲンがところどころ切れてしまっていますね

同じ成分のエラスチン(アミノ酸から成るタンパク質)も少ないながら構造を支えてくれている大事な要素で

コラーゲンに巻きつき、繋ぎとめる頼もしい存在

 

しかし、40代になると急激に減少しシワやたるみが目立つようになります

(※画像は個人で購入したものです)

 

私たちは全員が同じ環境下で生活をしていません

元々の身体の構造・環境・ストレス・栄養状態・クセ・スキンケアの質など

その方に必要なことは、その方によっても違います

 

顔ヨガを心配する以前にシワやたるみになる他要因を既にもっている状態

 

そもそも改善が必要な部分は他にも沢山あるんです

 

それでは今度は顔ヨガについて知っていきましょう!

顔ヨガで鍛える筋肉、『表情筋』はコラーゲンやエラスチンが存在する真皮より、更に下

血管・リンパよりも更に下にあります

 

(※画像は個人で購入・編集したものです)

 

顔ヨガは狭い面積にひしめき合う表情筋を鍛えて、ストレッチしていくトレーニング

 

前述のとおり、加齢によって皮膚は薄く、かたくなっていきます

これは、皮膚の構造上の問題だけではなく、筋肉を使わないことによって筋肉の質が落ちた状態

 

表情筋も筋肉なので、身体の筋肉と同じ

『使わなければ衰える』これは筋肉の特性です

 

さらに、質が落ちるということは筋肉のもつ柔軟性・弾力が落ちるということ

 

顔ヨガは筋肉の『ヒステリシス』という性質を利用しています

 

新しいスポンジはギュッと握ると、ポンッとはじけるように元に戻ります

ゴムも同じで伸ばしてもピュン!!と戻ります

 

 

古くなったり劣化すると、戻るスピードが遅くなったり、ゴムは切れてしまったりしますよね

筋肉も一緒です

 

運動不足や加齢によって縮みっぱなしになった筋肉は

凝り固まった状態でどんどん弱くなります

 

そして、上に書いた様々な要因が重なって、シワやたるみに直結

表情筋を鍛えることで、土台から全体を底上げしていきましょう!!

 

 

しなやかで、弾力のある筋肉は中から作用し、シワも跳ね返すよう助け、

支えられなくなって垂れ下がった皮膚をしっかりと支えてくれます

 

そして顔ヨガをするうえで大切なこと

 

●正しい、やり方・回数・キープ時間、『してはいけない』を守る

 

化粧品、美容機器、薬などに『用量・用法を守って』とあるのと同様です

『同じポーズ』をお悩みを改善したいからと何十回、何百回という単位で急激に始める方が実際沢山いらっしゃいます

 

 

1回に適当な回数はせいぜい2〜3セット、1回のキープ時間も長くて10秒

 

正しいやり方が大前提であったうえで、『適当な負荷』がかけられているか、

『1箇所だけではなく満遍なく動かせているか』も大切!

 

〜レッスンやWS、指導者養成に参加された方からの声〜

 

・『DVDを見ながら続けていたが、やり方が間違っていた』

・力を入れ過ぎていた

・使っている筋肉の場所も分からなかったし、意識して動かしていなかった

・動画を見ながら自分で続けていたが、『楽だし、カンタン』と思っていたが筋肉がプルプルしてすごく疲れた!

・同じポーズだけをずっと続けて、偏っていた

・もっと早く参加すればよかった

 

 

思い当たることがあったり、不安があれば、お近くの顔ヨガインストラクターを検索し、レッスンに参加してみましょう!

 

顔ヨガは『鍛えて、ストレッチ』するトレーニング

 

縮めたら、伸ばす、伸ばしたら、縮める

 

そうすることでしなやかで、弾力ある筋肉が作られます

ストレッチをせず縮めて筋トレばかりしていたら、シワが刻まれて当然

 

身体もそうですよね

『筋トレ』と『ストレッチ』は運動学的にも別の種類の運動です

 

顔ヨガをしている時間は1日2〜3分、1日は24時間

自分の表情クセや身体のクセ、ストレス、栄養状態、紫外線や乾燥など、シワやたるみの様々な原因にさらされている時間の方が圧倒的に多いのです

 

1回体験や3回コースはもちろん、指導者養成では細かく学んでいきます

『変わりたい!』そんな方を応援する講座でもあります。

まずは顔ヨガをご体験ください!

 

↓↓↓こちらもあわせてご覧ください↓↓↓

〜顔ヨガとは〜

https://hikari-yae.com/facialyoga

 

 

〜詳細・お申し込みはこちらから〜

ヨガジェネレーション ホームページへ

◆顔ヨガ1回体験WS

https://shop.yoga-gene.com/program/643/

◆顔ヨガ3回コース

https://shop.yoga-gene.com/program/642/

◆顔ヨガ指導者養成初級コース

https://shop.yoga-gene.com/program/22034/

2020.03.03 | 顔ヨガ

舌位〜口呼吸を防ぐ〜

 

こんにちは

顔ヨガ講師・ピラティスインストラクターの延村 八重です

ホームページ・ブログをご覧くださりありがとうございます

 

顔ヨガパーツの中でもよく使われるのが『舌』です

『舌』は『舌筋』と呼ばれる筋肉ってご存知ですか?

(※舌筋は舌の運動に関わる筋肉群の総称)

 

 

身体の中から飛び出してくる筋肉なんて他にないですから、舌は特殊ですよね

一時期『舌回し運動』が流行りましたが、あれはいわゆる舌の筋トレです

 

顔ヨガでも舌回しに似たポーズがあったり、舌を使うポーズがあります

 

では舌の役割をみてみましょう

 

●味覚→食欲刺激・危険回避・消化液分泌

●咀嚼・嚥下→食べ物を口に取り込み、飲み込むまでの一連の流れ

●発音→会話・伝達・危険を知らせる・滑舌・表情を作る

 

どれも生きる為に大事な働きです

これらに障害が起こったら私たちの生活は一変します

 

下の図は舌をあらわしたイラストですが、根元の部分は見えておらず重さは200グラム!!もあるそうです!!

私はステーキが大好きでよく食べに行きますが、150グラムのお肉を食べるので、舌は更に重いわけです

そう考えると急に舌が不気味に思えますが(笑)

 

画像引用 整体 MIKUNI様:http://www.seitai-mikuni.com/shitanoseitai.html

 

突然ですが、皆さんの舌の位置はどこにありますか?

 

①上の歯の裏側にくっついている

②下の歯の裏側にくっついている

③下顎に近い

④上顎に近い

 

前述の通り舌は筋肉なので、使わなければ衰えます

舌の筋力が衰えてくると舌の位置は落ちてしまいます

下の図をご覧ください

赤色の場所に舌があれば理想的です

舌の広い部分が、上顎にベターッとついている状態

 

 

黄色と青色の方は舌の位置が落ちてきている証拠

赤の位置に置こうとすると『こんなに上なの!?』と驚かれるかもしれません

 

実験してみましょう

赤の、上顎に舌をベターッとつけて口から呼吸してみようとしてください

できないですよね!?

 

舌の位置が落ちた状態で口を開けば、粘膜だけの口腔内に一気に空気が流れ込んできます

私たちは普通に生活をしていれば、人と会話し常に『口呼吸』です

 

 

接客業の方は口呼吸リスクが高いんです

 

デスクワークの方は違った方面からリスクが高まります

姿勢が悪くなって猫背(前方頭位)になると、下顎が後退し口が開きやすく

口を閉じておく為の別の筋肉が必要になったり、噛み合わせが悪くなったりして口腔環境はますます悪くなり

負のスパイラルが始まります

 

〜口呼吸による弊害〜

 

●舌の機能不全

●不正咬合(歯並び)

●虫歯・歯周病

●免疫力が落ち風邪・アレルギーになりやすい

●イビキ・睡眠時無呼吸症候群

(下顎が小さく後方に位置していることで、舌も後方へ下がっていくと気道が狭くなり引き起こされる)

●上の状態の方が顎を引く姿勢をとると、気道が狭くなり苦しいため、前屈みになって気道を確保しようとすると余計に姿勢が悪くなる

●上向きに寝ることができないため、横向きやうつ伏せ寝で出るようになる

 

そしてお顔と身体の老化を促進します

 

これだけ聞くともうお腹いっぱいになりますね

今日から舌の位置をUP!!

『スポット』と呼ばれる、上の前歯の裏側から喉側に7ミリ〜1センチ以内のところの盛り上がった箇所に舌先をおいて、舌の広い部分はベターッとつけておくようにしましょう

 

画像引用: 柏 KT矯正歯科様 https://www.kashiwa-kyouseishika.com

 

食事中、ものを飲み込む際にも、歯を押しながら飲み込んでいたら要注意です

スポットに舌をおいて飲み込む意識をもつとよいでしょう

 

〜口呼吸チェック〜

 

●朝起きた時に口の中が乾燥している

●夜中に口が乾燥してせき込む

●ランニングが趣味・激しいスポーツをして口で呼吸している

●年々歯並びが悪くなっている(特に前歯突出、不正咬合)

●喫煙の習慣が長い

●食事中、くちゃくちゃ音を立ててしまう

●イビキ・歯ぎしり

●口を閉じようとすると口周りにシワができたり、アゴにウメボシができる

 

ひとつでも当てはまる方は、今日から舌位を意識

 

顔ヨガでは筋肉である舌筋を使うポーズもあります

左から『三角の舌』『あっかんべー』『こめかみリフト』

 

 

顔ヨガを始めたばかりの方の中には、『舌がうまく出せない』という方が多くいらっしゃいます

舌を色々な方向に出して使っていくことが重要です

そうすることで筋肉である舌は鍛えられ本来の機能を取り戻します

 

是非、『美容』と『健康』の両方を手に入れながら、顔ヨガを毎日の健康習慣として取り入れてみてください

 

 

 

 

2020.02.21 | 顔ヨガ

顔と姿勢の関係

こんにちは

顔ヨガ講師・ピラティスインストラクターの延村 八重です

 

ホームページ・ブログをご覧くださりありがとうございます

 

今回は『顔』と『姿勢』の関係についてお話したいと思います

 

 

多くの方は何故か『顔』と『身体』を分けたがります

首から上、首から下

トレーニングにおいてそんな分け方はないはずです

 

けれど実際は身体のトレーニングはするけど、顔のトレーニングはしない

そんな方が多いのではないでしょうか

 

なんでですか?

血管も、リンパも、筋膜も途切れることなく

すべて繋がっているのに!!

顔も筋肉なのに!!

 

身体は筋骨隆々なボディービルダーも、顔だけシワシワ

結構そんな方を多く見かけます

 

 

筋肉は40歳を超えると一定量から減り始め、何もしなければ1年に1%ずつ減っていきます

 

10年後には10%、20年後には20%

筋肉量の維持は若々しさを保つために不可欠です

老化は仕方ありませんが、筋肉は例外

いくつになっても鍛えることができるのが筋肉です

 

逆に言えば『年齢』を理由に何もしない

諦めることは理由にならないんです

 

 

それは『顔』も同じです

 

では、『姿勢』との関係を見ていきましょう

無関係だと思いますか?答えはNOです

 

身体は前述の通り、途切れることなく繋がっているんです

人の身体を覆う皮膚の総面積は成人で約1.6㎡

身体を丸ごと覆っている皮膚は最も面積の広い器官で最大の臓器

 

この皮膚がたるむ原因はなんでしょう

 

顔の表情筋の衰えだけではなく、表情筋の衰え+身体全体の歪みから生まれるんです

 

ベッドシーツのたるみを想像してください

 

たるみはそこから、いきなり前触れもなく生まれる訳ではありません

 

どこかが歪んで、どこかにシワが集まるんです

 

猫背の方を想像してみましょう

身体は常に前面、後面の筋肉で支え合っています

いわゆる『猫背』の状態になって背面の筋肉が使われないとどうでしょう

 

当然背中は丸くなります

丸くなるということは『背中』が伸ばされるので、頭皮も伸ばし、顔は駄々下がり

そして最後は顎のたるみとなって現れます

 

逆に、反り腰の方は後が詰まり、お腹が抜け背面が強く働くことで首の後に

お肉が溜まる状態になりやすいといえます

日常の癖で身体全体が歪んでいれば前後だけではなく、左右バランスも当然崩れ更に

複雑な歪みが顔に現れます

顔も身体も繋がっている以上、影響を受けることは必至です

 

 

私のレッスンではお顔だけではなく、『姿勢』の問題点も指摘しつつ、

『お顔』と『姿勢』を同時に修正、指導いたします

 

私自身、ピラティスで姿勢を正し、より身体の骨格を整えることで変化が早かったからです

また、顔だけ整えて後から姿勢を正すと、姿勢を正す過程でまた顔が変わってしまうから二度手間です

姿勢も整えつつ、お顔も変えれば一石二鳥♪♪♪

 

お顔をキレイにしたい方

姿勢をキレイにしたい方

 

同時にキレイにしましょう!!

2020.02.06 | 顔ヨガ

歯列矯正のための顔ヨガ〜表情トレーニング〜

 

こんにちは

顔ヨガ講師の延村 八重です。

ホームページ・ブログをご覧くださり、ありがとうございます

 

歯列矯正中の方、また検討中、矯正後の全ての方へ

美しい歯並びを目指して歯列矯正をする方は年々増える傾向にあります

 

欧米では歯を美しく保つことはビジネスにおいて重要なことであり、印象を大きく作用してしまうため、子どもの頃から矯正をするのが当たり前となっています

 

目的も様々で、健康といった観点から始める方もいれば、就職・結婚など人生の大きな節目に始める方もいて、方法も多種多様です

 

矯正の目的・元々の骨格や歯列の状態・方法・期間など、個人差が非常に大きいのはもちろんですが、異物を口腔内に長い年月入れるとなるとそのストレスも非常に大きいものとなります

これは実際矯正をした方にしか分からないことだと思います

 

私もその体験者としてシェアをさせていただきます

(私の場合:一般的なワイヤー矯正。上顎は舌側、下顎は頬側)

 

 

〜矯正中に起こりやすいこと〜

 

●矯正初期は歯とワイヤーの間に食べ物が挟まりやすく、ワイヤーが外れると頬壁に刺さったり、ワイヤーが曲がって強烈に痛むことがある

●食事制限がある

●会話や笑顔を作る際にワイヤーやブランケットが舌や頬壁に擦れたり、引っかかり出血、口内炎ができやすくなる

●丁寧な歯ブラシが必要となる

●発音しにくくなる

●矯正の段階によって歯と歯の間にものが挟まりやすくなる

●痛いと歯を食い縛りやすくなるor口が開きやすくなる

 

など、四六時中不快なストレスと戦わなければなりません

 

 

●表情筋が動かしにくい

無表情になり、笑わなくなる

●ものを噛みにくい

噛む回数が減り、食欲が落ち、飲み込むことが多くなる

●喋りにくい

言葉数も減る

 

私もほったらかした結果、表情筋が衰えて一気に地滑りを起こし始めました

頬がぺターン!!ほうれい線が縦にドン!!と入ってしまい驚愕

 

 

この時、矯正を始めて間もなくで、前述に書いたことに一番悩まされていた時期

顔ヨガを行った結果、顔全体の左右バランスも整い、発音障害も少しずつ改善

表情筋を使わなくなると、こんなに顔は変わってしまうものなのだと、今ではその学びに感謝しています

 

現代人は顎が小さい方が多く、抜歯をした場合には骨格バランスが変わって頬がこけてしまう方や、噛むことや表情を作ることで起こる痛みや不快感のせいで、一時的に噛む力も表情筋も衰えてしまうんです

 

せっかく綺麗になるために始めた矯正なのに、元々あった『美』が損なわれるのは残念なことですよね

 

そこで必ず実践して欲しいこと

それが『表情筋トレーニング』である『顔ヨガ』です

 

『顔ヨガ』とは顔の表情筋を鍛えて、ストレッチをする表情筋トレーニングのこと

 

前述のように『食事』『笑顔』『会話』は、普通に生活していたら、健康面・仕事・プライベートにおいて影響が大きいことは想像できますね

 

 

1〜2週間であればなんとかなっても、数ヶ月〜数年となれば、その間に使わなくなった表情筋は加齢や重力の影響によって更に衰えます

 

また、日本語というのは表情筋を使わなくても話せてしまう言語で、ドイツ語や英語が表情筋使用率70〜80%に対し、日本語はたった20〜30%

事務職で普段人と接しない、あまり話さない、仕事中マスクを着用する

そんな方は要注意です!!

 

表情筋を鍛えていくと、筋肉の質も弾力・柔軟性を取り戻し、食事も快適になって、会話も増え笑顔が増えます

 

矯正が終わってから始めればいいと思っていると、歯は動き続けるため顔はどんどん変化していき、矯正をする以前の表情筋の使い方では違和感を感じたり、顔を動かしにくくなります

 

なので矯正と表情筋トレーニングは同時進行で続けることが大切です

 

顔ヨガは、口元はもちろん顔全体を満遍なく動かしながらバランス良く表情筋を鍛えることができます

 

辛い一時期を過ぎれば、あとは器具が外れるのを楽しみに待つだけ!!

歯を出して思いきり笑えることは、とても幸せなことです

 

理想の歯並びとともに、『美しい笑顔』も一緒に手に入れられるように『顔ヨガ』を皆様の毎日習慣に加えていただけたらと思います

 

 

 

2020.01.17 | 顔ヨガ

本来の肌色を取り戻していきましょう

こんにちは

顔ヨガ講師の延村 八重です

blogをご覧下さり
ありがとうございます

透き通るような白い肌、憧れますよね
今の女性の美容の重要事項として『色白』『美白』
というキーワードは特に聞かれるようになった言葉です

色白美白

肌に白い白粉をのせた化粧法は古代ローマで生まれました
中世ヨーロッパでは特に美肌にこだわり
病的に白く見せたり、素顔が分からないくらいの
厚化粧を施したのだそうです

色白な女性を好む男性も多く
『七難を隠す』と言われるくらいです
けっして褒め言葉ではないですが
得をする方が多いのも事実かもしれません

ある化粧品会社のデータからは
日本人女性は10年前に比べ
色白の方が増えたことが分かっています

多くは化粧品の進化によってもたらされたものです

ヨガやピラティス
顔ヨガではどうアプローチできるでしょうか

一番に『呼吸』です

特に『鼻呼吸』を意識することで
血行が促進され細胞の隅々まで酸素が供給されます

血行が悪くなり酸素が欠乏した血液は
鮮やかな赤色から赤紫色に変色し
肌を通して見た時には黒くくすんだ色になります

また、血管と同様身体中に張り巡らされた
リンパの流れが良くなることで老廃物が排出され
肌がワントーンUPし透明感が出てきます

肌色だけでなく、肌の感触含め内側から変化するのを
感じることができると思います

意識的に鼻呼吸に戻す習慣 ヨガ 顔ヨガ

この写真は以前も使用したものですが
左の写真では太陽の下日焼け止めも一切使用せず
テニスをしていて真っ黒な時です
ファンデーションも一番濃い色を使っていました

テニスをやめてからも数年の間はなかなか
元の肌色に戻らなかったのですが
この後ヨガや顔ヨガを始め身体の色が変わって
いったのは、意識的な呼吸によって
酸素が身体中に取り込まれた為だと思います

また、激しく動きの多いスポーツを行う際は
より酸素が必要になりどうしても口が開いてしまいます

そういう環境下にある方は
意識的に『鼻呼吸』に戻す習慣をつけて
ただ『色白』なだけではなく
本来の肌色を取り戻していきましょう

2019.12.27 | 顔ヨガ

脳活顔ヨガで100歳まで元気に!!

こんにちは

顔ヨガ講師の延村 八重です

blogをご覧下さり、ありがとうございます

顔ヨガ+手指や身体の運動=脳活顔ヨガ
脳活顔ヨガで100歳まで元気に!!

脳活顔ヨガ 延村八重

脳活顔ヨガとは !!?

下の図をご覧ください
『ペンフィールドマップ』と呼ばれる脳の地図です

カナダの脳外科医師ペンフィールド氏は
てんかん患者の手術時に実験をおこない
人の身体と脳がどのように対応をしているかを
表す地図を作り発表しました

感覚野は外からの刺激や感覚を知覚する場所
運動野は運動のコントロールをおこなう場所です

脳活顔ヨガ
出典元※commons.wikimedia.org

上の脳の地図を人形型に置き換えたものは
見たことがある!という方も多いのではないでしょうか

私はこのバランスの悪い模型がとても好きです♪

脳活顔ヨガ

図や人形模型から分かるように
顔・手指は大きく脳と関わり動かすことで脳の広い領域に
アプローチすることが可能になります

ここからがポイント!!

更に2つ以上の動きを組み合わせることで
脳の活性化を促進するのがこの『脳活顔ヨガ』です

顔ヨガでは脳に一番近い場所に存在する表情筋や
舌(舌は舌筋と呼ばれる筋肉の塊)を動かすので
脳をたくさん刺激し活性化させます

顔ヨガ講師 延村八重

日本語は表情筋を使わなくても発声が可能で
日本人は表情筋の20%程度しか使えていません

英語やドイツ語は70〜80%ですからいかに
表情筋を使わないかが分かりますね
当たり前ですが『筋肉』ですから、使わなければ100%衰えます

顔ヨガにプラスして
手指体操や身体の運動を同時におこなうことで
動きは複雑化し脳は混乱!!同時に活性が促進されます

つまりは混乱することが脳に良いんです

ルーティンのようになってしまっている
仕事や家事だけではなかなか脳を刺激できませんから
新しい刺激や新しい感覚を与えてあげると
脳内のネットワークはどんどん広がっていきます

筋肉を使えば顔だけでなく脳の血流も増えます
ボケ防止や認知症予防の為には
脳の血流を良くすることが重要
です

脳活顔ヨガ 延村八重

人生100年時代
健やかに長生きをするための自分のメソッドを
もつことは今後必要とされること
2020年も顔ヨガの情報を発信してまいります

〜お知らせ〜
年始にTVに出演します!!
再度告知しますので是非チェックをお願いいたします♪

1 2 3 4