延村八重オフィシャルブログ
2020.10.24

『ガミースマイル』改善しませんか?

 

こんにちは。

顔ヨガ講師・ピラティスインストラクターの延村 八重です.

 

笑ったときに歯茎が広範囲に見えてしまう笑顔を『ガミースマイル』といいます。

 

原因の多くは先天的に骨格や歯並びに問題がある場合が殆どで、

根本から治すには専門の治療が必要です。

治療期間は短期のものもあれば数年かかるものもあり、費用も数十万から100万円以上かかる場合も。

歯列矯正用のブランケットを使用したりレーザーを使って歯肉の切除、骨を削る等、

状態によって方法も様々なようです。

芸能人の方でもたまにガミースマイルの方もお見かけしますが、

一般的に審美という点では改善をした方がよいといわれます。

観相学においても、改善することで強い意志をもって物事に取り組んだり、

愛情をもって周囲と関わることで運気アップに繋がります。

 

上記の根本治療法はすぐには始められないという方や、そこまでの治療は必要ない軽度の方であれば、

顔ヨガで『見せ方』を変えることは可能かもしれません。

写真は私のBefore Afterです。ガミースマイルではありませんが、Beforeは表情筋が衰え始め、

上唇が薄くなってしまい、気をつけないと歯茎が見えてしまうように。

元々前歯が大きく長いため目立ち、それが気になって笑うのが嫌になっていた頃なんです。

Afterでは、顔ヨガの口輪筋を鍛えるエクササイズによって上唇にボリュームが出たこと、

周辺の筋肉を鍛えてコントロールできるようになったことで、

だいぶ口元の見え方が変わったことが分かると思います。

 

顔ヨガで過剰に働き過ぎている箇所は抜き、使っていない筋肉を目覚めさせることで、

印象はこんなにも変わるんですよ。

人によって骨格も筋肉のつき方も様々なので、『~筋』と限定的に決めつけることもできません。

まずは顔全体を動かすことで解決の糸口は見つかります。

人によってはチャームポイントにもなる『ガミースマイル』。

若いときなら良いのですが、さすがに年齢を重ねると子どもっぽく見えたり、

メイクとの兼ね合いで下品に見えてしまったり、損をしてしまうことも。

 

根本治療が終わられた方であっても、『笑顔』は一番のアクセサリーですから、

逆戻りしないためにも表情筋トレーニングを始めてみてください。

 

 

 

 

 

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です