延村八重オフィシャルブログ
2021.01.07

動きのある顔が『運』を呼ぶ~顔ヨガ+観相学で開運顔~

 

ブログをご覧いただいている皆様。明けましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

顔ヨガ講師・嘉祥流観相学導士の今泉 八重です。

 

早速ですが写真をご覧ください。

マスクの下の顔は表情がなく、無機質で人間的な温かみを失い固まってしまっています。

反対に右側の顔は血が通い、顔全体に動きがありますよね。

 

『停滞』の意味を調べると同じところにとどまり、動かないこと。

物事が順調に進まないこと、とあります。

カンタンに言い換えれば流れないということと同じです。

何が流れないか?

それは血液・酸素であり、『気』であり『運』です。

『流れ』や『動き』のある場所に『運』や『チャンス』はやってきます。

 

良く周りと交流し、笑い、止まることなく顔も身体も動き続けている。

そうしているとその人自身に『流れ』が生まれます。

人には元々『持って生まれた運』がありますから、この流れを利用して活かしたいじゃないですか!!

 

『笑顔』は明相の代表格!!

誰もが分かりやすく実践しやすいツール。だから、

『笑う顔に矢立たず』『笑って損した者なし』『笑門来福』等

笑顔に関する慣用句やことわざ、四字熟語が沢山あるんです。

 

笑う時間が増え、日常でくるくる表情を変えながら過ごしていると、

使えていなかった表情筋も動き出し、周囲の筋肉や神経、身体と心の『繋がり』を感じることができます。

今年はコロナやマスクのせいにせず、自分から『流れ』や『動き』を作って欲しいのです。

 

表情筋は感情と密接に繋がった特殊な筋肉で、顔には約60もの表情筋が存在します。

日本人は特に言語の関係で、その2割ほどしか使っていないといわれています。

そこにこの世界的な緊急事態で更に表情筋が使われなくなっているのですから、

皆様がご自分の顔を鏡で見て、その異変に気付くのは当然のこと。

『停滞顔』には『人』も『運』も寄りつきません。

 

今日から早速、顔ヨガ+観相学で開運顔を作りましょう!!

~顔ヨガ+観相学で『運』を呼び込む開運顔つくり~

 

①『ハリ』『ツヤ』ある顔

観相学では『ハリ』『ツヤ』を大切にします。

顔ヨガでまずは血行を良くして栄養を隅々に届け、老廃物をしっかり流し、

洗顔時には額と鼻をきれいにしましょう。

額のすぐ裏側は脳です。思考力や仕事力を表す場所であり、鼻は健康を観る場所。

また、顔の真ん中近辺は普段使わず動かしづらい表情筋が存在するため、動かない場所があれば、

積極的に動かしてあげることで『流れ』が生まれ、質の良い笑顔を手に入れることができます。

 

②ピンク色でふっくらと凹凸ある頬

頬に関連する筋肉量は多いため、衰えてしまうと重力によって垂れ下がり、一気に老けてしまいます。

骨顔の方、痩せ型の方は貧相な感じに。

顔は平たんな部分が多ければ多いほど、人の印象に残るような魅力顔からは遠のいてしまいます。

ふっくら凹凸ある頬は若々しく、活発で明るい印象を与えます。

そこに自分の肌色に合った頬紅をふんわりのせると華やかさもアップ!!

『丸み』を帯びたものは見る人をホッとさせます。

女性は痩せ過ぎないのも大切ですよ。

 

③口角が上がった口元

やや薄めで口角が上がった『仰月口』は理想的な口元。

夫婦仲、恋人仲を良くしたいという方は、愛情運を観る唇をみずみずしく保ち、

明るい色の口紅を使って上下の厚さを同じにしましょう。

笑ったときに唇がひっくり返って薄くなる方は笑い方を改善。

唇が薄くなってしまっている場合には、口輪筋を鍛え

愛情を表す唇の厚さをまずはふっくらと整え、グロスを置いて立体的に演出すると吉。

日本人の女性はアイメイクに時間をかける方が多いですが、

唇メイクをしっかりおこなうことで、大人の女性としての魅力がアップしますよ!

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

この3つを意識しながら2021年は表情豊かに!!

動きのある顔で『運』を呼び込みましょう!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です